お問い合わせ交通アクセスサイトマップ 

HOME > 研究・実践事業 >令和元年度(2019年度)>(主催事業)高齢社会支援を考える

研究・実践事業


高齢社会支援を考えpart7~誰も一人にしない横須賀市のES事業について〜


開催日時:令和2年1月24日(金)16:00~18:00
開催会場:聖徳大学生涯学習社会貢献センター(10号館)5階

開 催 内 容

1、参加費
無料(事前申し込み不要)

2、対象
一般市民、学生、行政、福祉関係者

3、会場
聖徳大学生涯学習社会貢献センター(10号館)5階(千葉県松戸市松戸1169)

4、主催
聖徳大学生涯学習研究所

5、講師
①横須賀市役所福祉監 北見万幸 氏
②毎日新聞社社会部 記者 滝野隆浩 氏

6、コーディネーター
・長江 曜子
聖徳大学 児童学部児童学科 教授、聖徳大学 生涯学習研究所 所長

7、内容
日本社会は今、人口減少と高齢者の増加が同時にやってきています。松戸市を中心とした千葉県東葛地域に視点をあててみても、65歳以上の高齢者の割合は、約25%と高い数値になっています。つまり、東葛地域に住む4人に1人が高齢者であり、今後も高齢者人口がますます増加することが予想されています。

今回の課題別研究会では、「高齢者が最後まで地域で元気に暮らす」をキーワードに、横須賀市役所で経済的に余裕のない高齢者を対象に死後の手続きなどを支援する「エンディングプラン・サポート事業」をしている北見万幸さんをお招きし、高齢者支援の現状と課題や解決策についてお話いただきます。

実 施 報 告

準備中です。