お問い合わせ交通アクセスサイトマップ 

HOME > 研究・実践事業 > 平成29年度(2017年度) > (主催事業)データでみる女性の社会的孤立―夜の世界で働く人々のセカンドキャリア―

研究・実践事業


第19回聖徳大学生涯学習フォーラム まちづくり×生涯学習


開催日時:平成29年10月28日(土) 16:30~18:00
開催会場:聖徳大学生涯学習社会貢献センター(10号館)12階

開 催 内 容


▶チラシ(PDF)

1、参加費
無料(事前申し込み不要)

2、会場
聖徳大学生涯学習社会貢献センター(10号館)12階(千葉県松戸市松戸1169)

3、主催
聖徳大学生涯学習研究所

4、講師
角間 惇一郎 氏
一般社団法人 Grow As People (GAP) 代表理事

5、コーディネーター
・川口 一美
聖徳大学 心理・福祉学部社会福祉学科 准教授、聖徳大学 生涯学習研究所 研究員

・佐藤 可奈
聖徳大学 心理・福祉学部社会福祉学科 講師、聖徳大学 生涯学習研究所 研究員

6、内容
近年、社会的孤立に陥りやすい新たな属性として、風俗業界で働く女性が注目されていることを皆さんご存知でしょうか?
 一般社団法人Grow As People(GAP)代表理事である角間惇一郎氏は、風俗産業に関わる女性のセカンドキャリア支援、調査研究、情報発信等を行い、「どんな状況でも孤立せず、望めば次にいける社会」の実現を目指し、活動しています。本研究会では、2017年2月にGAPが発行した『夜の世界白書2016年版』データから、風俗産業で働く女性を取り巻く状況及びGAPの活動を角間氏よりご講演いただき、社会的孤立解消に向け、私たちや社会はどうあるべきかについて考えたいと思います。

実 施 報 告

第1部 会場の様子

第2部 会場の様子