お問い合わせ交通アクセスサイトマップ 

TOP > 研究員の紹介 > 上田智子

聖徳大学 児童学部 児童学科 講師
上田 智子
Tomoko Ueda

研究・専門分野
教育社会学という学問が専門領域です。教育や子どもの育ちを社会との関わりで捉えようとする学問です。その中でも、女子や女性の教育や支援に関わることを自分自身のテーマとしています。女性がもっと生き生きと、もっと幸せに生きられる社会になるといいなと思いながら、研究をしています。

主な所属学会
日本教育社会学会
日本教育学会
国際幼児教育学会
キャリア教育学会

注力テーマ
男女共同参画、子育て中の母親のエンパワーメント、若者のキャリア形成、他
研究においては、現在は家庭教育の実態とその支援のあり方について関心をもっています。さまざまな教育改革のもとで、親たちが子どもの教育においてどのような不安や悩みをいだいているか、聞き取り調査も行っています。
社会的な活動では、住んでいる地域での子育て支援団体のネットワークづくりが10年目を迎えます。多様な個人や団体が、ネットワークを築き、継続することの意義を常に問い続けながら、活動を続けてきました。

学生たちに学んでほしいこと
多様な人々と関わっていくことが、いかに人生を豊かにしてくれるかということを実践的に学んでほしいです。同じ年代、似たような価値観の友人だけではなく、異なる年代異なる価値観を持つ人と関係を築く力が現在社会では求められています。

生涯学習研究所で取り組みたいこと
松戸市民の皆さんの声をたくさん聞かせていただき、松戸という地域にどっぷり関わりながら、女性支援とか若者支援といったテーマに取り組んでいければと思っています。

聖徳大学教員研究紹介ページ

書籍
「現在と性をめぐる9つの試論―言語・社会・文学からのアプローチ」
  児玉亮子 編著
  春風社 2007年 ISBN 9784861101175

「ジェンダーで学ぶ教育」
  天野正子、木村涼子 編
  世界思想社 2003年 ISBN 4790709922